お財布.com

第二回口頭弁論---その5---引田くんVSタロウ@

タロウが書類を見ながらニヤニヤしている。

どうやら『イヤミのネタ帳』の様です。



タロウ     「えーと、では証人さん…。
         あなたがこの係争場所駐車場で見かけたネコはこの該当ネコ一匹ですか?」
引田くん    「通りすがりのネコは見た事がありますが、ほとんどこのネコです。」
タロウ     「では、車の上に乗っていたネコはこの該当ネコだけですか?」
引田くん    「そうです。このネコだけです。」
タロウ     「わかりました。」

何故かタロウはホッとした表情だった。

タロウ     「証人は、『該当ネコが車に傷を付けた』と証言しましたが、その現場を見ましたか?」
引田くん    「ネコが飛び降りた後に、そのネコがいた周辺を見ました。そのあたりに傷が付いていたので
         ネコの傷だと思います。」
タロウ     「なるほど。あくまで推測なわけですね?その傷が付く前の車の様子は見ていますか?」
引田くん    「見ていません。」
タロウ     「と、言うことは……。
         ネコが車の上に乗る前に付いていた傷と言う可能性もあるわけですね?」
引田くん    「………。」
タロウ     「傷が付いていた箇所の、傷が付く前の写真はありますか?」
引田くん    「ないです。」
タロウ     「では、傷が付いた後の写真はありますか?」
引田くん    「ないです。」

いきなりイヤミ炸裂です。
傷が付く前の写真など予知能力でも無ければ撮れません。
それに撮ったとしてもアップですよ。どこを撮った写真なのか分からないに決まってます。
何故こんな質問をワタシではなく証人の引田君にするのでしょうか?信じられません!
いても立ってもいられず口を挟んでしまいました。

川畑      「傷の写真は書証で出しているでしょう。」
タロウ     「今、証人に質問しているのです!証人が撮影した傷の写真はないわけですね?」
引田くん    「はい。ないです。」
タロウ     「では、目撃証言のみですね。それも事後の確認からの推察ですね?」
引田くん    「そういう事になります。」
タロウ     「証人、原告は『車全体にネコの傷があり全面塗装の必要がある』と訴状で書いてきましたが
         車の側面にもネコの傷が付くと思いますか?」
引田くん    「降りるときに付くと思います。」
タロウ     「普通、車くらいの高さなら……。ネコは飛んで降りますよ。
          先程、証人も『ジャンプして逃げる』と証言していますが……。」
引田くん    「四方八方に逃げますので…。逃げ方も一緒ではないんで……。」
タロウ     「なるほど。ま、いいです。」

「ま、いいです。」こういうイヤミな言葉がが自然にサラッと出てくるのがタロウです。

タロウ     「証人はこの被告宅内で該当ネコを見たと証言しましたが、
          このネコに給餌している被告又は被告家族を見ましたか?」
引田くん    「いえ。」
タロウ     「では、その写真も………。ないですね?」
引田くん    「ないです。」
タロウ     「証人はこの被告宅内で該当ネコを見たと証言しましたが、
         このネコと遊んでいる……例えばペットとして接している被告又は被告家族を見ましたか?」
引田くん    「いえ。」
タロウ     「では、その写真も………。ないですね?」
引田くん    「はい。ないです。」

少し考えればそんな写真撮ってないことなど分かるハズです。
そんな決定的な証拠が有るならワタシが証拠として提出しています。
タロウも分かっていてワザワザ質問している……タロウはものすごい粘着質だ!
だんだんムカついてきた。

タロウ     「先程、証言で『ネコは四方八方に逃げる』とおっしゃいましたが……。
         その逃走経路を教えてくださいますか?」
引田くん    「はぁ?逃走経路……。ですか?」
タロウ     「そうです。見た時の状況の様子です。
         『ある時はコチラから逃げた…。』とか『ある時はここから逃げた…。』とか」
引田くん    「はぁ……。そうですね……。」
タロウ     「口頭で難しければ…。
          この原告から出された『撮影場所の駐車場見取り図』で説明してください。
引田くん    「ある時は道路の方に…。ある時は被告宅の方に…。ある時は西側に…。」
タロウ     「なるほど…。で、柵がありますよね。ネコはこれを越えて行ったんですか?」
引田くん    「はい。そうです。そしてたまに被告宅に逃げ込みました。」
タロウ     「原告側から出されている写真……。えっと甲2号証ですが……。
          8番と9番の写真を見てください。
          ここに駐車場の様子がわかる写真がありますが…。」

ワタシも写真を見てみた。

タロウ     「この柵とコンクリートブロックの隙間……。見たとこ5〜6cmしかないですよね?
         いくらネコでもこの隙間は通れますかね?」
引田くん    「え?通れますよ。通れませんか???」
タロウ     「ワタシも現在、推察でお話していますが…。ワタシは無理だと思いますが…。」

通れるって!!

川畑      「裁判官!!ネコは柔軟性がありますので!通れない事も……」
裁判官    「原告黙って!今、証人に対する被告の質問中です。」

つい発言してしまった……orz

また怒られた……orz

タロウ     「あと……『この緑の柵の上に座っていた』と証言されていますが……
         この柵の幅…3〜4cmしかないですよね?
         ネコが座るにはちょっと狭すぎると思いますよ。いくらネコでも……。
         まぁ、歩くことは出来るかもしれませんが……。」
引田くん    「………。」
タロウ     「『柵をジャンプして逃げた』とも証言なさいましたが…。2mはありますよね……。この柵。
         一気にジャンプするのは無理だと思いますよ。
         また金網状なので、ネコが一旦途中を踏み台にして登るとも考えにくいでしょう…。
         戸板のような爪の引っかかる素材なら別ですが……。」
引田くん    「………。でも実際越えていましたし……くぐっていましたし……。」
タロウ     「まぁいいです。ワタシも現在推察で話していますから…。」

この時ワタシは『あれ!?なにかおかしい…タロウの発言に違和感がある。』
と感じたのですが……その時には気づきませんでした。

タロウ     「裁判官、この柵下の隙間、柵の幅、柵の高さを撮影した書証を後日提出します。
         あと、この隙間、幅、高さでネコが通れるかとどうか…。
         知識のある獣医師の見解を取って提出致します。」
裁判官    「わかりました。準備書面と書証で出してください。」

さっき感じた『違和感』を確かめる為に資料を見てみたのですが…結局、分からず終いでした。

======================================

が…結審後に気づきました!

タロウも「シロクロが勝手に侵入する」と認めているのです。

なのにタロウは、

『柵をジャンプして侵入…』『柵の下をくぐって侵入…』

を否定しています。

その二つの方法でないとしたならば………



タロウは…シロクロがどのようにして山田屋に入ったと言うのでしょうか?


さらにこの動画のことを思い出した!
(リンク先のソファの画像をクリックすると動画が始まります。)

======================================








以下次号→第二回口頭弁論---その6---引田くんVSタロウA




この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※半角英数字のみのコメントは投稿できません。

この記事へのトラックバック


google



自動的に記事にマッチした広告が配信されるので手間いらずです。





無料ブラウザ(インターネット閲覧ソフト)です。
Windowsマシンに標準搭載されているIE(インターネットエクスプローラー)との大きな違いは、レイアウト等の都合でサイト側が文字サイズを固定していても変更が可能な事です。(多くのサイトでその様な設定になっていますし、当ブログもそうなっています。IEの場合、画面の上の方にある【表示】→【文字のサイズ】と進み大きさを変更しても殆どの文字は影響を受けないようになっていますのでお使いの方は一度お試し下さい。)
文字サイズを変更するとレイアウトが崩れたりしますが、自分の見やすい字の大きさで見たい方にはオススメです。もちろん他にも相違点は沢山あるし、無料なので試しにインストールしてみても損は無いです。


Google
 
Web paroblog.seesaa.net
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。