お財布.com

第二回口頭弁論---その6---引田くんVSタロウA

裁判官     「被告…。以上で証人に対する質問は以上ですか?」
タロウ     「えーっと……。以上………。……ちょっと待ってください。」

タロウは眉間にシワを寄せ考え込んでいる。
「もうイイじゃないか」と裁判官も心の中で思ったのでしょう。

裁判官     「被告?よろしいですか?」

しかし…タロウは人差し指にツバを付けその指で頭をクリクリとし……瞑想に入った。



ポクッ。




ポクッ。




ポクッ。




ポクッ。




チ―――――ン!!




まあコレはイメージなので実際はツバを付けたりクリクリしたりはしていませんが…
とにかくタロウは考え込んだ後に一休さん顔負けの閃き顔をしたのです。

タロウ     「証人!さっきの写真。ケータイの写真ですが…。もう一度確認させてください!」
引田くん    「あ。はい……。」

引田君が、ごそごそとポケットから先程しまったばかりのケータイを取り出す。

引田くん    「……。えっと、これですね。」
タロウ     「あ。その3枚目を出していただけます?」
引田くん    「あ。はい。」

ケータイの画面を見るなりいつものイヤミを言うときの顔になった!

タロウ     「あのー。これってこのケータイで撮ったんですよね?」
引田くん    「そうです。だから印刷できないんです。」
タロウ     「なるほど……。で、このケータイのカメラにはズーム機能が付いているんですか?」
引田くん    「付いていることは付いていますが……。この写真はズームで撮ってません。」

さらに今度は舌なめずりをした………ように見えた。

タロウ     「この3枚目の写真。ネコが結構大きく写ってますが……。
         何メートルまで近づくとこのサイズになりますか?」
引田くん    「………。えっと……ちょっとわかりませんが……。」
タロウ     「じゃ。今、カメラのモードにしてみてください。」
引田くん    「あ。はい。」

ケータイを操作する引田くん。

引田くん    「あ。これで……。」
タロウ     「はいはい。」

また出た。タロウの「はいはい。」
「被告!『はい』は一回でヨロシイ!!」と裁判官に注意して貰いたかった…。

タロウはケータイを受け取ると色々まわりを写している。


………。


…………………。



チ―――――ン!!

タロウ     「裁判官。ネコの一般的なサイズとしては……。
          そうですね…このA4のファイルくらいじゃないかと思うんです。
          で、このケータイでこのファイルを画面半分のサイズまで大きく撮影しようとすると……。」

ゆっくりA4ファイルに寄っている。

タロウ     「この距離です。この距離まで近づかなくては撮れません。」
引田くん    「…………。」
タロウ     「言い方を変えますと……。この距離まではネコに近づけるって事ですよね?」

だいたい1mといったトコロでしょうか。

タロウ     「先程証人は
         『追い払うと言うよりは、近くに寄れば逃げていきました』と証言していますが…。
         証人の言う『近く』とは『1mよりももっと近く』と言う認識でよろしいですね?」
引田くん    「…………。」
川畑      「『近く』の定義は人それぞれじゃないんですか!!!?」

つい口を挟んでしまった。

タロウ     「だから!近くの定義を数値で表してみただけですよ。
         ワタシは『1mまで寄れるネコ』を近くまで寄れないとは表現しませんから」

イヤミ・皮肉の次は屁理屈です。

「それがどうしたの? 」
と言いそうになったのですが今回はこらえました。

タロウ     「裁判官。思っていた事、全部聞きました。被告の質問は以上です。」
裁判官    「わかりました。では……。」

ふとタロウの顔を見てみました………。
ヤッパリです!予想通りです!
タロウは…橋の真ん中を渡っている一休さん顔負けの勝ち誇った得意顔をしていました。
全くもって意味不明です。

タロウは1mの距離まで近づけるほど人慣れしたネコである事をとんちで立証しました。
まあ彼は迷い猫か捨て猫であると主張しているので人慣れしている事をアピールしたのでしょうが…
…コチラも野良猫ではなく山田屋の飼い猫であると主張しているのです。人慣れしていて当たり前です。
そこは双方とも共通認識なのでは無いでしょうか?

生ゴミを漁る野良猫でも図々しいヤツになるとちょっと触って追い払わないと逃げないヤツさえいますが…一般的に野良猫と飼い猫を比較した場合、人慣れしている飼い猫の方が人が近づきやすいですし、近づいただけでは逃げないネコも多いと思います。
もちろん引田君も山田屋の飼い猫であると思っています。
彼は人慣れしている飼い猫であると前提した上で『近くに寄れば逃げていきました』と発言したのです。
1m以内を『近く』と定義した事のどこがおかしいのかさっぱり分かりません。

法廷にて争点を忘れてまで相手の揚げ足を取り「イヤミ・皮肉・屁理屈」を並べ立てるタロウ…
ベストイヤミストオブジイヤーの称号を与えるなら彼しかいない!! 』
……と、裁判官達も心の中でそう判断したのではないでしょうか?

そう判断しないのはタロウくらいのものであろう……。








以下次号→第二回口頭弁論---その7---山本さん@




この記事へのコメント
川畑さんって、矛盾点が多いですね。
説得力がないです。
Posted by とおりすがりですが・・・ at 2007年01月19日 00:45
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※半角英数字のみのコメントは投稿できません。

この記事へのトラックバック


google



自動的に記事にマッチした広告が配信されるので手間いらずです。





無料ブラウザ(インターネット閲覧ソフト)です。
Windowsマシンに標準搭載されているIE(インターネットエクスプローラー)との大きな違いは、レイアウト等の都合でサイト側が文字サイズを固定していても変更が可能な事です。(多くのサイトでその様な設定になっていますし、当ブログもそうなっています。IEの場合、画面の上の方にある【表示】→【文字のサイズ】と進み大きさを変更しても殆どの文字は影響を受けないようになっていますのでお使いの方は一度お試し下さい。)
文字サイズを変更するとレイアウトが崩れたりしますが、自分の見やすい字の大きさで見たい方にはオススメです。もちろん他にも相違点は沢山あるし、無料なので試しにインストールしてみても損は無いです。


Google
 
Web paroblog.seesaa.net
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。