お財布.com

第二回口頭弁論---その7---山本さん@

裁判官     「証人ご苦労様でした。」

この一言で「証人 引田くん」の証言は終わった。

裁判官     「証人はお帰り頂いても、傍聴席で傍聴されても自由ですので。」
引田くん    「はい。」

引田くん、ちょっとお疲れの様子です。
それもそうです。
まだ20歳の若者です…しかも素人なのです。
タロウの相手を……いえ……「ベストイヤミスト」との対戦を果たしたのです。
大役です。

「おつかれさん」

そう言ってあげたい。

「タロウのイジメッコ気質が裁判官に伝わった。」
それだけでも充分な収穫です。

……………………。

心の中で引田君の労をねぎらっていたところ
間髪を入れず書記官が次の証人を連れてきた。
山本さんです。

裁判官     「時間も押していますので……。手早くやっていきましょう」
書記官     「そうですね…。」

時計を見ると4時15分……。既に開廷から45分も経っている。

裁判官     「5時過ぎると……。エアコン止まりますから。」

ヤバい……暑いのイヤなのに……。 (コレは8月の話です!)
よりによって山本さんは………。

………。

先程と同じように名前と年齢、住所に職業を聞かれている。
山本カズエさん。昭和9年1月8日生まれで御歳は……。
「愛護動物の適正飼育を指導する会」 の会長です。

そして宣誓をした。

山本さん    「宣誓、私は良心に従い本当の事を申します。決して嘘や隠し事をいたしません。
          平成17年8月9日。山本カズエ」
裁判官     「もし嘘や隠し事をすると『偽証罪』で告訴される可能性がありますから、気をつけてください。
          知らない事は『知らない』で結構です。わからないことは『わからない』で結構です。」

先程と同じ事を裁判官は言った。

裁判官     「では原告、質問をどうぞ。」
川畑      「はい。では……。」

先程とは違って、少々動揺してしまった。
エアコンが止まる……。
チャッチャと済ませたいのに……山本さんは……。

川畑      「証人が証言するに当たって『中立的な立場』である事を裏付けるために、
          証人の活動やワタシとの関係などを御紹介ください。」
山本さん    「はい。………。原告の川畑さんとのきっかけは電話でした。
          これこれこういう事で「ネコ」で困っているから相談に乗って欲しいと………。」

おっ!今日は大丈夫そうだ!!

山本さん    「で……。初めて会ったのはこの問題になっている駐車場でした…。」
川畑      「あ。山本さん。先に自己紹介のほうをお願いいたします。」
山本さん    「あ……。はい。」

ヤバい……………。
またあの資料を取り出した。

あの時と同じだ………。
イヤな予感が………。

山本さん    「ワタシははじめ、こんな『愛護動物の適正飼育を指導する会』なんて、
          そんなだいそれた活動をするつもりじゃありませんでした。
          ネコだってそんなに好きじゃなかったし……。」

ヤッパリ始まったみたいです……。

山本さん    「たまたま引っ越した先に野良猫がたくさんいて、たまたま近所がその猫たちに
          迷惑を掛けられていると……。それで近所の有志が集まって会を発足させたんです。」

………………。

山本さん    「で、はじめは名前なんかも無くて…。『ネコの仲良し会』とか『野良猫対策会』なんて
          後から名前が出来てきて…。それからシンポジウムや何かに参加するようになって…。
          動物愛護協会にも名前を登録するようになりました…。
          1996年に『人と動物の共存』を目指し、99年に『動物保護法』が制定されてから…
          会を『愛護動物の適正飼育を指導する会』と改名しました…。」

ヤッパリ止まらない………………OTL

山本さん    「それから活動内容としましては…。野良猫を捕獲して虚勢や避妊手術をしたり…。
          貰い手の無い猫の里親を探してあげたり…。出来るだけ不幸な猫ちゃんが
          出ないようにと言う事に尽力してまいりました…。会のメンバーも次第に増えまして、
          共鳴してくれる方々の援助などを受けながら細々と活動しております……。
          …で、会の運営資金なんですが……これも実際は会員なんかの自腹で…
          国や行政からの補助金なんかは一切無く……………。」

そう……この人、話が止まらないんです……。
ワタシもこの山本さんの話を「………。」で省略しているのですが、それにしても長い…。
初対面の時からそうでした。なのでイヤな予感はしていたのですが…
さすがに法廷ではそこまで話さないかも?とも思っていたのですが……

甘かった……OTL
それに活動費とか関係ないじゃないですか…。

裁判官     「……。あの証人。時間も無いことですので…。そのあたりで…。
          原告…活動内容のパンフレットや資料もあるんですよね?
          だったら後で書証として出してください。」
川畑      「わかりました。」

裁判官ナイスタイミング!

川畑      「では……現地で会った時の状況から話してください。」
山本さん    「ワタシが確か行ったのは、3月21日の午前中でした。
          一緒に赤井さんという人も行きました。………で、行ったら川畑さんが現地に見えていて…
          で…駐車場を探したらシロクロの可愛い猫ちゃんが車の下に寝そべっていました。」
川畑      「で、そのネコはどんな感じでした?」
山本さん    「そりゃあもう可愛い猫ですよ。毛艶も良くて人を見ても逃げませんし……。
          首輪もしていたと思います。」
川畑      「で、そのネコは野良猫だと思いましたか?」
山本さん    「いいえ〜。とってもおとなしいし、先程も申しましたが首輪もしているので……。
          どこかこの辺りの家で飼われている幸せな猫だと思いましたよ。」

ヨシ!順調だ!!

山本さん    「で……。この猫を30〜40分見てたんですよ。駐車場の外からね……。
          そしたら暫くしてどこかに歩いて行ってしまったんです……。
          『あれ?どこに行ったんだろう?』と思ってましたらね……。
          この北側のおうちの庭にいたんですよ。」
川畑      「それからそのネコはどこに行きましたか?」
山本さん    「ええ…。それからその可愛い猫ちゃんはですね…。
          このお宅にあがってご飯を食べていました。」
川畑      「その時、この家のサッシや網戸はどうなっていましたか?」
山本さん    「ええ……。半分くらい開いていましたよ。猫ちゃんがピョンと上がっていきましたから。」
川畑      「で……。餌箱に餌が入っていて…それを食べたわけですね?」
山本さん    「そうです。勝手に他人様のお宅の中を覗くのは非常に心苦しかったんですけどね……。
          餌を食べてそれからのんびりしていました。猫ちゃん。」

ココまで完璧です。

川畑      「以上の事から……。山本さん…。このネコはどこのネコだと思いましたか?」
山本さん    「すごくなついている猫ちゃんですし、ここの家でご飯も食べてるから……。
          ワタシはここの家で可愛がられている幸せな猫ちゃんだと思いましたよ。」
川畑      「なるほど。わかりました。」
山本さん    「……。ああ後……。『こういう事で川畑さんが困っている』と
          このお宅の方にお話しようと思ったんですけどね…。
          それはやっぱり当事者間でのお話ですので……。そこまで致しては失礼かと……。
          川畑さんにはご提案したのですが……。」

あっ…最後の最後に余計なことを………………OTL
当事者間の話し合いが出来る相手じゃないから裁判にしたって説明したのに……。

川畑      「裁判官。以上の証言のとおり『中立的な立場』である『愛護動物の適正飼育を指導する会』の
          山本さんの証言のとおり……。このネコは被告宅で飼育されてると判断されております。
          事実ワタシもそう思います。
          この様に家に上がり、餌を食べている以上…。このネコは被告飼育のネコです。
          原告の質問は以上です。」

まあ…最初と最後以外は完璧でした。
引田君の時と同じく…次は裁判官の番です。

裁判官     「ではワタシから2〜3……。」
山本さん    「はい。」
裁判官     「調査はこの日だけですか?」
山本さん    「はいそうです。この日だけです。」
裁判官     「どれくらい調査しました?」
山本さん    「だいたい2時間くらいでしょうか?」
裁判官     「写真は撮りましたか?」
山本さん    「ワタシは撮っていませんが…。川畑さんが撮っていました。」
裁判官     「この被告宅にネコが上がって行ったのは一度きりですか?」
山本さん    「最初猫は、駐車場にいました。……それからこのお宅の庭に行って家に上がって
          餌を食べました。その後暫くのんびりして……。それから又、駐車場に帰ってきました。」
裁判官     「なるほど…。一回上がって、又駐車場に来たわけですね……。わかりました。」

暫く資料に何かを書いている裁判官。
今回、裁判官は良い質問をしてくれました。
わずか2時間の調査中に被告宅でエサを食べている現場を確認できた。
しかも駐車場→山田屋→駐車場と移動したと言う証言まで引き出してくれた。
コレで、しょっちゅう被告宅でエサを食べている事と駐車場に居着いている事を印象付け出来たでしょう。

ナイスフォローです。

裁判官     「では…ワタシからは以上です。被告……質問ありますか?」
タロウ     「はい。もちろん。」

…しかし………ここからが問題なのです。
またもやタロウの質問タイムが始まるのです。










以下次号→第二回口頭弁論---その8---山本さんA




この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※半角英数字のみのコメントは投稿できません。

この記事へのトラックバック


google



自動的に記事にマッチした広告が配信されるので手間いらずです。





無料ブラウザ(インターネット閲覧ソフト)です。
Windowsマシンに標準搭載されているIE(インターネットエクスプローラー)との大きな違いは、レイアウト等の都合でサイト側が文字サイズを固定していても変更が可能な事です。(多くのサイトでその様な設定になっていますし、当ブログもそうなっています。IEの場合、画面の上の方にある【表示】→【文字のサイズ】と進み大きさを変更しても殆どの文字は影響を受けないようになっていますのでお使いの方は一度お試し下さい。)
文字サイズを変更するとレイアウトが崩れたりしますが、自分の見やすい字の大きさで見たい方にはオススメです。もちろん他にも相違点は沢山あるし、無料なので試しにインストールしてみても損は無いです。


Google
 
Web paroblog.seesaa.net
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。