お財布.com

第三回口頭弁論---その1〜5---開廷

書記官さんが入り……続いてワタシが入る。
既にタロウは来ていた。

机の上に書類を広げ準備をしていると………

傍聴席に1〜2人……入ってくる。
その後もワラワラと傍聴席に人が入ってくる。
数えてみると10人弱の傍聴人……その中に海原もいた。
来れるかどうかビミョーだと言っていたのですが……来てくれたので少し頼もしい気がします。
なにせ海原以外は全てあのブログの読者でしょうから……。


……………。


裁判官入廷。

書記官    「一同起立して下さい。」

原告も被告も傍聴者も一同起立……軽く会釈程度の礼をする。
遂に始まった!

実は……海原との作戦会議以来…この日が楽しみでした。
裁判を楽しみにしたのなんてもちろん今回が初めてです。

書記官    「では平成17年(ハ)1345号損害賠償請求の第三回目口頭弁論を始めます。」
タロウ     「う………っ!」

タロウが軽くうめき声をあげてゴソゴソしている。

裁判官    「では……原告と被告から準備書面と書証が提出されていますので、その確認をします。」

相変わらずタロウは下を向いてゴソゴソしている。

裁判官    「原告、準備書面及び書証に訂正箇所などの問題はないですか?」
川畑      「はい……。ワタシの書面に問題はないです。」
裁判官    「被告の方はどうですか?」
タロウ     「あ……ワタシの出した準備書面に関してですか?」
裁判官    「そうです。」

もぞもぞやりながら……。

タロウ     「ええ……問題ないです。」
裁判官    「わかりました。」

傍聴人の1人が笑っていた。

裁判官    「原告の提出した書証ですが……準備書面のこの記述の部分がこの書証でいいですか?」
川畑      「ええ……そうです……。」
裁判官    「原本はお持ちですか?」
川畑      「持ってます。お見せしたほうがいいですか?」
裁判官    「まぁ……いいです。被告が確認を求めれば被告に対してお願いします。」

例の賃借契約書と引越し予定日の書いた見積もりの事です。

裁判官    「被告……確認しなくていいですか?」
タロウ     「……ああ……いいです………別に……。」

相変わらずの言葉遣いです。

裁判官    「では……確認しておきますが……原告はいつから被害にあっていると主張ですか?」
川畑      「ええと……。」

なんでこんな質問をするのかよくわかりません。

川畑      「部屋を借りたのが1月27日で……引越しが2月2日……
         被害に気づいたのは3月初めですから……。」
裁判官    「ええ……その日付を聞いているんです。」

正確な日付なんて分かるわけがありません。

川畑      「ですから被害の最初は2月頃ですかね……。」
裁判官    「…………。」

最初の被害がいつだったかなんてシロクロ本人しか知らないと思うんですよね。
ワタシが被害を受けたことに気付いた日付も正確には覚えていません。
当たり前です。最初は裁判を起こすつもりなんて無かったですから。

裁判官    「訴状の一部を1月27日に訂正してますが……。」
川畑      「ええ……ですから……。」
裁判官    「まぁ……いいです。」

……………。

裁判官    「被告……原本の確認はよろしいですか?」
タロウ     「ええ。結構です。」

タロウはまだゴソゴソやってた。

裁判官    「では……被告提出の準備書面と書証の関連付けですが……特に問題はないですね……
         この前、一度見せてもらっていますが……この『被告飼育のネコ』の写真は
         乙4号証の1ページの@でいいでしょうか?」
タロウ     「ええ……それでOKです。」
裁判官    「わかりました……。」

と……裁判官、もう一度資料を確認する。

裁判官    「今日……先程提出された被告の方からの検証結果報告書ですが……。」
タロウ     「はい。」
裁判官    「まぁ……原告の準備書面に対する反論と受け取っていいですか?」
タロウ     「はい。かまいません。」
裁判官    「検証はですね……もし裁判所が必要と判断すれば……
         裁判所が中立的な立場として検証しますから……。」

タロウのゴソゴソが終わったようです。

裁判官    「で……これは提出されますか?」
タロウ     「いや……どっちでも……。」
裁判官    「そうですか……まぁ……これを提出されますと、原告からこれに対する反証を提出したいと
         申し出られるかもしれませんよ……。そうなるともう一回審理が伸びますけど……。」
タロウ     「裁判所の判断で、必要無いと判断ならば取り下げますが……。」
裁判官    「…………。」

一瞬間を置いて………。

裁判官    「まぁ……この点に関しては、争う必要も無いと思いますから未提出でいいですか?」
タロウ     「はい。結構です。」

ネコの傷に対する検証結果(←本家)
コレのことのようですが………
これってタダの『タロウの推測』でしたw根拠も何もありませんw

多分…裁判官も同じ事を思ったんでしょうね。

チラッとタロウの顔を見てみると…………予想通りです。超ご満悦です。
どんな表情かをイメージすると、この写真 の右から2番目ソックリです。

裁判官    「では……原告・被告、言っておきたい事や主張しておきたい事はありますか?」

せっかくなので先手はタロウに譲ってあげた。
楽しみは後に残しておきたかった。

タロウ     「あの……ワタシのほうから1〜2点。」
裁判官    「どうぞ。」
タロウ     「原告提出の賃借契約書ですが……。」








以下次号→第三回口頭弁論---その6---駐車場




この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※半角英数字のみのコメントは投稿できません。

この記事へのトラックバック


google



自動的に記事にマッチした広告が配信されるので手間いらずです。





無料ブラウザ(インターネット閲覧ソフト)です。
Windowsマシンに標準搭載されているIE(インターネットエクスプローラー)との大きな違いは、レイアウト等の都合でサイト側が文字サイズを固定していても変更が可能な事です。(多くのサイトでその様な設定になっていますし、当ブログもそうなっています。IEの場合、画面の上の方にある【表示】→【文字のサイズ】と進み大きさを変更しても殆どの文字は影響を受けないようになっていますのでお使いの方は一度お試し下さい。)
文字サイズを変更するとレイアウトが崩れたりしますが、自分の見やすい字の大きさで見たい方にはオススメです。もちろん他にも相違点は沢山あるし、無料なので試しにインストールしてみても損は無いです。


Google
 
Web paroblog.seesaa.net
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。