お財布.com

重要な注意点

=====以下http://ameblo.jp/tackchan/entry-10009924369.html より引用=====

1.コメント欄の扱いについて


皆様ご存知とは思いますが、ネコ裁判:本編・続編も終了し、現在はワタシ「山田タロウ」の思った事や

日々の出来事などを思うが侭にツラツラと書いております。




コメント欄に付きまして、本編・続編では様々な立場の方・知識の方からご意見を頂き、

誠に有難うございました。


さて、ワタシの運営方針の中の一つに「コメント欄の扱い」というものがあります。
基本的に以下のガイドラインを守って頂いていたものに関しては、削除の対象とはしていませんでした。


--------------------------


1.公序良俗に反した過度に卑猥な表現や差別用語を用いた書き込み


  「バカ」「アホ」くらいじゃスルーです。
  差別用語に対してもその表現を文中の説明で必要とあれば容認する場合もあります。
  要は、メチャクチャな意味不明書き込みはおやめ下さいって事です。


2.あからさまな他サイトへのリンクCM的な書き込み


  「文中にて引用」や「参考に」といったリンクはスルーです。
  たまに書き込まれる「出会い系サイトへ」や「僕こんなサイト始めました」って書き込みは削除です。


3.アスキーアートやケータイ誤操作を含む同じ内容の連投


  アスキーアートは邪魔臭いのでやめてください。
  スペースの割りに内容が無さ過ぎです。
  感情表現は小さな顔文字程度にとどめましょう。


4.3回以上のキャッチボール


  3回以上のキャッチボールの場合は3回目の人が促して雑談用に移動をしてください。
  それでも白熱した場合は「お店の外」でお願いします。




--------------------------


削除をしなかった理由は幾つかありますが、その中で大きなウエイトを占めていたのは
「自由に発言できる場の提供」でした。




ネコ裁判自体が、法律論と世間様の間で起こった事件でしたので、その人その人の立場で物事を

多方面から見て意見を交わして貰える場所はとても重要で必要でした。




今思い返しても、その存在意義は大きかったと思います。




ですが、現在、ワタシ自身の対処が大雑把過ぎたせいもあり、意見でも批判でもない
「只の揚げ足取り」や「重箱の隅突付き」の荒らし的な書き込みが横行する様になってしまいました。




実に不徳の致すところでございます。




時々ワタシの元にこんなメールが届きます。




「コメント欄で書くことが出来ない」
「コメント欄で書くと気分が悪くなるのでメールにしました。」
「なんにでも悪意を持って反論する人がいます。対処して下さい」……などなど……。




元々コメント欄を自由にしていたのは、前述の「議論の場」として活用してきたからです。
ですが現状「自由な発言」と「勝手な落書き」を勘違いしている方々が多く見受けられます。




果たしてどう対処すべきなのか……。

削除の基準点は実に複雑な部分があります。




例え書き方(口調)が悪くても、的を射た内容であったり、又逆に丁寧な口調でも人を小馬鹿にしていたり…


そのパターンは実に様々です。


その辺りも含め、判断が難しかったので、現在まで余程の事がない限り削除の対象としてきませんでした。




ですが「普通の読者が普通にコメントを書けない環境」にも問題があると思います。


本編・続編は終わったといえ、毎日訪れて頂く5000人の方々に申し訳ありません。




又、現在、法律論を必要とする「本編・続編」が終了している点も含めて考慮した結果、
今後「続編」に動きがない限り「コメント欄で気軽に発言できる雰囲気」の再構築に努めたいと思います。




ご理解の程、よろしくお願いいたします。





2.運営方法の変更について


ワタシ山田タロウは、本業に加えてこの「ネコ裁判」と、
そこから縁があって始める事になりました「中京TVサイト内『聞いてみやぁ!』」と
そして今はまだ公表できませんが、別件での活動でコメント欄の管理まで手が回りません。


そこで「@山田屋総本家」という有志ボランティアで結成された方々に
コメント欄の管理を含めたブログの運営を任せました。




要するに
書き手はワタシ「山田タロウ」
管理・運営は「@山田屋総本家」と言う二本軸で行う事となります。




普通に訪れて読んで頂く方々には、これと言った変更や不自由を感じる事は無いとは思いますが、
そんな「縁の下の力持ち」さん達のご協力の下、「ネコ裁判」は活動しているという事を、

どうぞ覚えておいて下さい。


今後ともより良いブログとして力を合わせて努力していく所存です。
どうぞよろしくお願い致します。





平成18年3月9日


山田タロウ・@山田屋総本家一同





======以下はhttp://ameblo.jp/tackchan のコメント欄より引用======



@山田屋総本家は、活動の関係上、匿名集団という形で山田氏をサポートしております。
コメントについては以前にも申しました通り積極的に削除をしていくということではございません。
都合の悪いコメントについては放置という方針はこれからもかわりません。ご安心ください。

また@山田屋総本家の個々のメンバーは、それぞれのHNで山田氏に対するコメントをして、コメント欄がいい流れになるように努力していきます。

どうぞご理解下さい。

尚、この返信に対する再返信は「雑談用その3」でお待ちしております。
「@山田屋総本家宛」と題してお書きください。

@山田屋総本家 (2006-03-11 20:50:37)




======引用ここまで======


と、この様なコメント管理になるようです。
私も作品上、各記事へ直接リンクを貼っております。

その為、このブログの読者の方がこの注意書きを知らずにコメントを書き込んでしまう可能性があると思いましたので、このブログにも引用させて頂きました。
あちらへコメントを書き込まれる際は、くれぐれもご注意下さい。





この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※半角英数字のみのコメントは投稿できません。

この記事へのトラックバック


google



自動的に記事にマッチした広告が配信されるので手間いらずです。





無料ブラウザ(インターネット閲覧ソフト)です。
Windowsマシンに標準搭載されているIE(インターネットエクスプローラー)との大きな違いは、レイアウト等の都合でサイト側が文字サイズを固定していても変更が可能な事です。(多くのサイトでその様な設定になっていますし、当ブログもそうなっています。IEの場合、画面の上の方にある【表示】→【文字のサイズ】と進み大きさを変更しても殆どの文字は影響を受けないようになっていますのでお使いの方は一度お試し下さい。)
文字サイズを変更するとレイアウトが崩れたりしますが、自分の見やすい字の大きさで見たい方にはオススメです。もちろん他にも相違点は沢山あるし、無料なので試しにインストールしてみても損は無いです。


Google
 
Web paroblog.seesaa.net
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。